若いときと今とでは違う〜保険も年齢と共に見直したい

保険の見直しをするときのポイント

成人の方の保険加入率は約90パーセントだそうです。

しかし、一つの保険に永久的に入る方は少なく徒有で見直すケースが多いみたいです。
見直しをするときはどういったときなのか。身内の急病。たとえば親が急病にかかった時、もしかしたら自分も・・と不安に思い、保証の高いものに切り替える場合があるようです。
自分は健康だから大丈夫と思っていても、身内の様子や激変を見てしまうと変わってくるようですね。しかも、入院費。治療費も意外と高くついてしまします。
そんなときに保険が役にたっている場合が多く、見直すようです。

そして、結婚。または子供が産まれた時。男の人も女の人も責任感が増すというか、特に男の人は守らなければいけないものが増えたわけですから、あまり考えたくはないですが自分の身にもしもの時はその後困らないようにきちんと残しておいてあげようという気持ちが強いようです。
その見直しをする時にポイントが多々あります。
今現在の保証は適切か。保証額は適切か。保証額は少なすぎても多すぎてもいけないと思います。
あとは保険料の負担額が多くなっていないか。いくらいい保険、いい保障に加入していても、自分の収入に見合わない保険支払金額では意味がありません。そのうち払えなくなり、同じ保険に加入させてもらえないというパターンもたまに耳にします。
なので、自分の収入と支払い金額をよく比較してみましょう。
今はいろんなライフスタイルに合わせて数々の種類が出ているので、見直しも大事だなと思いました。

Copyright 2018 若いときと今とでは違う〜保険も年齢と共に見直したい All Rights Reserved.